999. その他

新潟は地域情報紙の情報量が多い

昨日はgreen drinks 新潟内野vol.1が開催されました。

記念すべき第1回のゲストとして招かれ、
「働き方、生き方」をテーマとして、
新潟×朝活、green drinks Niigata、自由大学について話してきました。

当日の様子はまた別記事で書く予定です。

今回の記事はgd新潟内野のフリートークで話した中から、
面白い話しが聞けたので、それを紹介します。

結婚のために最近県外から引っ越してきた方から、
新潟の印象について聞いていた時のこと。

新潟のすごい点として、
月刊新潟こまちなどの地域情報紙を挙げていました。

1つの地域で毎月あれだけの情報量を掲載するのは、
他の地域ではありえないとのこと。

この意見は初めて聞いたのでとても興味深いです。

ずっと同じ場所で暮らしていると、
それが当たり前になってしまって、感覚が固定化してしまいます。

日々の環境も「旅人」のように、今ここを意識しようという記事を最近読みましたが、
まさにこの感覚が自分には欠けています。

日常を当たり前の風景として見ていて、
新鮮な始点で見ることができていないなと思います。

新潟の地域情報紙についても、自分は当たり前のように思っていましたし、
他の地域を訪れた時もそこまで注意が回りませんでした。

もっと広く世界を見渡し、そこから何かを感じ取れるようになりたい、そう思います。

さて、green drinks 新潟内野ですが、
いい意味で変な人ばかりが集まってして、
後半のフリートークもとても楽しめました。
(予定より1時間オーバーで解散)

その楽しい様子は後日ブログに掲載予定です!

ご案内
詳細プロフィールはこちらから。

ご意見・ご質問は以下のいずれかよりお願いいたします。
 Twitter:@tutinoko310
 Facebook:土屋裕行.com
 メール:お問い合わせフォーム

自己紹介冊子のPDF版を作成しました。以下リンクよりダウンロードできます。
土屋マガジン 〜おもしろき こともなき世を おもしろく〜

Twitter、Feedly、Facebookにてブログ更新を確認できます。

follow us in feedly

2013-08-27 | Posted in 999. その他Comments Closed