301. プレゼン

私のプレゼン当日までの流れ

いよいよ明後日に新潟サミットが近づいてきました。

ただ今当日の準備中です。

今回はプレゼン当日まで、
自分がどんな準備をしているか紹介したいと思います。

————————————————-

①頭の中で妄想する

 まずプレゼンすることが決まったら、
 頭の中でどんなことを話そうかあれこれ考えます。

 この時イメージしているのは、話す内容というよりも、
 人前で自分が堂々と話しているシーンです。

 これはアイデアを出すというよりも、
 これから人前で話すんだ、だからしっかり考えよう、
 というモチベーションを上げるための儀式のようなものです。

 こうやってまずは考えるモードを作ることが、
 プレゼン準備の第一歩です。

②キーワードを書き出す

 一通り妄想したら、次はキーワードを書き出します。

 キーワードはプレゼンのテーマに沿ったもので
 箇条書きにして出していきます。

 この時はまだ文章になっておらず、
 前後の文章の整合性を考えてはいません。

 あくまでも思いついた一文をいくつも書き出します。

③キーワードを並べ替える

 ②で出てきたキーワードを、
 1つのプレゼンとしてストーリーができるよう並べ替えます。

 ここで全体の骨子ができることになります。

 出てきたキーワードからストーリーが作れない時は、
 また他にキーワードを考えてみます。

④キーワードから広げる

 いくつかキーワードが出揃ったら、
 そのキーワードを元に、話を広げていきます。

 例えば「私は朝活を主催しています」というキーワードだったら、
  「何をしているのか?」
  「どこで開催しているのか?」
  「いつ開催しているのか?」
  「どんな人が参加しているのか?」
  「なぜ活動を始めるようになったのか?」
  「どのように開催しているのか?」
 など、キーワードを補足する内容を追加していきます。

 ここでプレゼンのボリュームを調整します。

⑤推敲する

 文章が完成したら、何度も読み返して推敲します。
 
 「話の流れがおかしくなっていないか」
 「間違ったことを話していないか」
 「持ち時間に対して、文章量は多すぎないか、少なすぎないか」

 こうして何度も修正して、当日の原稿が出来上がります。

 遅くともプレゼン当日の3日前までには完成させます。

⑥ひたすら声に出して練習

 原稿ができればあとは練習するのみ!

 プレゼン時の緊張の抑える3つのポイントで書いたように、
 入念な準備こそがプレゼンの質を左右します。

 大切なのは黙読ではなく、声に出すこと。

 実際に声に出してみると、話しにくい部分があったり、
 内容の矛盾に気づいたり、
 黙読ではわからなかったことが見えてきます。

 本番まで何度も何度も声に出してプレゼンの流れを叩き込みます。

 こうやって不安と緊張を、自信へと変えて当日に臨んでいます。



以上が私のプレゼン当日までの流れです。

人それぞれ自分なりのプレゼンスタイルがあると思うので、
準備も千差万別だと思います。

あなたのプレゼン準備はどんなスタイルですか?

みなさんのプレゼン準備方法もぜひ聞かせてください!

ご案内
詳細プロフィールはこちらから。

ご意見・ご質問は以下のいずれかよりお願いいたします。
 Twitter:@tutinoko310
 Facebook:土屋裕行.com
 メール:お問い合わせフォーム

自己紹介冊子のPDF版を作成しました。以下リンクよりダウンロードできます。
土屋マガジン 〜おもしろき こともなき世を おもしろく〜

Twitter、Feedly、Facebookにてブログ更新を確認できます。

follow us in feedly

2013-10-24 | Posted in 301. プレゼンComments Closed