800. 個人思考

誰かの人生の一部に自分が関わってると感じられることは最上級の幸せ

昨日は友人の結婚パーティーに行ってきました。

年を重ねるごとに結婚式に呼ばれる機会も減っているのですが、
久しぶりの結婚式はとても楽しいものでした。

盛大に盛り上がるというより、
ゆったり穏やかな雰囲気で、それがとても居心地よかったです。

久しぶりに会った人が結婚決まってたり、
会場で結婚宣言する人がいたり、幸せスパイラルが巻き起こってました。

結婚式の幸せオーラが漂っている空間が好きです。

さて、今回の結婚式ではとても嬉しかったことがありました。

自分が知ってる2人が結婚したことはもちろん嬉しいし、
久しぶりの友人と出会えたことも嬉しいし、
ゲームで景品が当たったことも嬉しいのですが、
その他にもあったんです。

それはパーティーを支えた幹事を見た時です。

学生時代の友人が幹事と思っていましたが、そうではなく、
全員社会人になってからの友人、
それも自分が知っている人ばかりでした。

そして幹事メンバーが知り合うきっかけの一部に
自分が関わっていたんですね。

それがとても嬉しかった。

結婚という人生の節目にお願いするくらい、
信頼関係を築いていたんだなと感じられて、本当に嬉しかったです。

結婚式じゃなくても、
誰かの人生の一部に自分が関わってると感じられることは、
最上級の幸せだと思います。

自分は特別な一瞬を作るのではなく、
日常の小さな一部を作りたいと改めて感じました。

困った時に相談できる関係だったり、
ヒマな時にお茶しようと言える友達だったり。
小さな日常を作るのが自分の役割だと。

昨日はそんな瞬間に出会えました。

そういう瞬間に立ち会える限り、
これからも幸せな人生が待ってるような気がします。

結婚式終了後、とても良い気分になったので、
すぐに家に帰りたくなくて、ラーメン食べて帰りました。

楽しく慌ただしくも幸せな1日。
また1週間生きていけそうです。

ご案内
詳細プロフィールはこちらから。

ご意見・ご質問は以下のいずれかよりお願いいたします。
 Twitter:@tutinoko310
 Facebook:土屋裕行.com
 メール:お問い合わせフォーム

自己紹介冊子のPDF版を作成しました。以下リンクよりダウンロードできます。
土屋マガジン 〜おもしろき こともなき世を おもしろく〜

Twitter、Feedly、Facebookにてブログ更新を確認できます。

follow us in feedly

2014-03-03 | Posted in 800. 個人思考Comments Closed