200. 生き方

働き方・暮らし方・関わり方が生き方を作る

こんばんは。土屋 (@tutinoko310)です。

昨日記事を書いていたら、生き方について書きたいことが浮かんだので、
別記事にしてまとめてみます。

 生き方の選択肢を増やしたい

タイトルにある通り、自分は生き方とは大きく
「働き方・暮らし方・関わり方」の3つに集約されると思っています。

働き方が一番イメージしやすくて、
組織に属して働く方とか、どんな仕事をするかとか、
複数の仕事を持つかどうかとか。

暮らし方は、どこに住むかとか、どんな建物に住むかとか、
衣食住の「住」に関わる部分です。

そして関わり方とは人間関係のことで、
家族・近所の人・同じ会社の人・Twitter友達などなど。

生きるってことはいろいろなことがあるけど、
その中心にあるのはこの3つではないかと、最近考えています。

自分は元々働き方に興味があって、
今の会社員一択の生活は、経済的にも精神的にも厳しいと思って、
働き方を変えようとしたところから、
今のような生活スタイルが始まりました。

朝活を定期開催したり、日々ブログを書くという生活です。

どこかのサイトで、「働くとは生きること」というキャッチコピーを見て、
確かにそうだと感じ、働き方を自分に合ったものに変えていくことで、
より楽しい人生になるはずだと思うようになりました。

しかし、そうした生活を送り続け、たくさんの人と会って話して、
自分で考えて実践していったところ、
少しずつ考え方が変わってきました。

働き方だけを考えるのは無理があるのではないか、と。

働き方について考えれば考えるほど、
「どこで暮らしていくのか」
「どんな人と付き合っていきたいのか」
という働き方以外の問題にぶつかりました。

働くことだけが生きることじゃない、
他にも生きることに大きく関わることがある。

それを突き詰めて考えていって残ったのが、
働き方・暮らし方・関わり方でした。

働き方・暮らし方・関わり方とは、
それぞれ独立して考えるものではなく、
一緒に考えていくものです。

この3つを自分の理想とするバランスに近づけることで、
より楽しい人生になっていくのだと思います。

2014年にやりたいことの中で、新潟自由大学(仮)を挙げましたが、
そこでやることも、働き方・暮らし方・関わり方にマッチする内容にしたいです。

まだまだ妄想段階なので、働き方・暮らし方・関わり方をベースとして、
残り半年で形にしていきます。

みなさんはどんな働き方・暮らし方・関わり方が理想でしょうか?

ぜひ一度考えてみてください。

それでは、明日も良い日になりますように。

ご案内
詳細プロフィールはこちらから。

ご意見・ご質問は以下のいずれかよりお願いいたします。
 Twitter:@tutinoko310
 Facebook:土屋裕行.com
 メール:お問い合わせフォーム

自己紹介冊子のPDF版を作成しました。以下リンクよりダウンロードできます。
土屋マガジン 〜おもしろき こともなき世を おもしろく〜

Twitter、Feedly、Facebookにてブログ更新を確認できます。

follow us in feedly

2014-07-08 | Posted in 200. 生き方Comments Closed