701. 家族

東京の結婚式にて 〜家族は面倒くさい幸せ〜

こんばんは。土屋 (@tutinoko310)です。

この週末は親戚の結婚式のため、家族みんなで東京に行きました。

実は泊まりがけで家族三世代で出かけるのは初めて。

東京のビル群に圧倒されたり、夜景に感動したり、
見慣れない景色を存分に楽しむことができました。

いろいろ心に残ることがあったので、ピンポイントでまとめてみます。

幸せは感謝する中から生まれる

親戚結婚式1

今回結婚式が開かれたのはつきじ治作

三菱財閥創業者の岩崎弥太郎の別邸だったらしく、
テレビ番組の収録にも使われる老舗だそうです。
(最近だとルーズヴェルト・ゲームで使われたとか)

そんな素敵な会場で、親族のみで行われた結婚式は、
普通の結婚式よりも時間の流れがゆったりで、
落ち着いて食事をしたり、会話したりできました。

結婚式といえば、終盤の新婦から家族への手紙が定番。
今回もやはり手紙がありました。

その中で心に残る言葉は、
「幸せは感謝する中から生まれる」
という言葉です。

どこかにあるかもしれない幸せを求めて、
家を飛び出し、日本を飛び出し、世界へ出たけど、
幸せは自分を支えてくれた周りの人の中にあった、
そう話していました。

いい言葉だと思うと同時に、
自分も周りの人に対して感謝できているか、
そんなことを考えるきっかけとなったスピーチでした。

伝え方で大きく変わる

親戚結婚式2

新婦からの手紙の後は、両家を代表して新婦の父親(土屋の伯父)の言葉。

普段から人前で話す機会が多い伯父は、
結婚式という人生の大きな節目で素晴らしいスピーチを披露しました。

家族のプライベートの話になるので詳細は控えますが、
式中ゲームをしていた子どもが手を止めてスピーチを聞き、
結婚式に慣れているスタッフの何人かが涙ぐむくらい、
人の心をつかんだスピーチでした。

伯父はどこまで考えて話したのかはわかりません。

それでも伯父だからこそ、ここまで伝わるスピーチになったはず。
もし別の親族が話していたら、また別の伝わり方をしたでしょう。

誰が言うか、どのように伝えるかによって、
伝わり方は大きく変わってきます。

自分まだまだだと思い、改めて伯父のすごさを感じる一幕となりました。

家族は面倒な幸せ

親戚結婚式3

この2日間、ずっと家族と一緒に過ごしていました。

みんなが揃うことは冠婚葬祭くらいしかないからか、
家族のみんなはいろんなことを聞いてきます。

「仕事は順調か」「子どもは元気か」「これからどうするのか」
などなど、質問攻め。

家族は好きですけど、こうして矢継ぎ早に質問されると
正直ちょっと面倒だなと思ってしまいます。

ですが、以前の記事で書いたように、
家族は面倒くさい幸せだと思います。

人とコミュニケーションするということは、
面倒という感情とセットで切り離せないもの。

面倒だと思っても、そうやって気にかけてくれることに感謝することで、
幸せを実感できるんじゃないかと思います。

もしかしたら、もう今の家族が全員で揃うことはないかもしれません。
そうすると、この週末が家族全員が揃った最後の日として記憶されます。

たとえそれが現実になったとしても、
初めて家族揃って東京に行ったという思い出は、
楽しい時間として家族の記憶に刻まれたと思います。

面倒なこともあるけれど、そんな家族もまたいいものです。

新郎新婦と家族の幸せが、末長く続きますように。

ご案内
詳細プロフィールはこちらから。

ご意見・ご質問は以下のいずれかよりお願いいたします。
 Twitter:@tutinoko310
 Facebook:土屋裕行.com
 メール:お問い合わせフォーム

自己紹介冊子のPDF版を作成しました。以下リンクよりダウンロードできます。
土屋マガジン 〜おもしろき こともなき世を おもしろく〜

Twitter、Feedly、Facebookにてブログ更新を確認できます。

follow us in feedly

2014-07-14 | Posted in 701. 家族Comments Closed