303. 旅

観光地より地元の人との交流を望む旅行者

こんばんは。土屋 (@tutinoko310)です。

自分を含めた周りにいる旅好きの人たちが今、
場所よりも人に目を向け始めています。

遠くへ旅に行った時に体験したいことが、
観光地を巡ることよりも、そこに住む人たちとの交流に移っている。

近年全国各地にゲストハウスが生まれているのも、
現地の人と交流したいという旅人が増えていることの裏返しだと思っています。

自分も10年くらい前に1人でふらっと旅に出るようになった当初は、
有名な観光地を巡ることが楽しかったし、
それこそが旅のメインだと思っていました。

もちろん人との出会いを軽視していたわけではありませんが、
あくまでも観光地を巡る中で偶然生まれるもので、
人との交流をメインとしているわけではなかった。

でも今は逆で、観光地を巡ることはそれほど関心がなく、
そこに住む人と交流したいという気持ちが強くなっています。

以前旅好きの友達と話した時も、同じ感覚を持っていると話してくれました。

その人は「人に会うために旅をしている」と言い、
メインは人との交流だと明言していました。

自分も全く同じで、まだ会ったことのない人と交流するために旅をしています。

 参考:人に会いに行く旅

その一方、現地の人と交流しようと思った時、
どこへ行けばいいのかわからないのが現状です。

その数少ない選択肢がゲストハウスになりますが、
他には地元の居酒屋に行って偶然の交流を期待するくらいしか思い浮かびません。

現地の人と交流したいという大きなニーズがありながら、
それを満たす場所が不足しているように思うのです。

このミスマッチを解消するために、自分もちょっと動いてみようと思います。

自分は新潟×朝活という、週末にカフェに集まってフリートークする、
というイベントを定期開催しているので、ここに旅人を呼びたいと考えています。

自分が旅に出た時に、地元の若い人が集まっている場所があったら、
確実に気になって顔を出すと思うので、きっと来てくれる人はいるはず。

彼らにどうやって声を届けていくのか、課題はこれからですが、
地元の人(少数の転勤族)で占められている朝活に新しい風を呼び込んでくれる、
そんな期待を寄せています。

他の地方には、既に旅人と地元民が交流する場所があるかもしれないので、
これから探してみようと思います。

「こんな場所知ってる!」という方がいましたら、ぜひお知らせください。

では、明日も良い1日になりますように。

ご案内
詳細プロフィールはこちらから。

ご意見・ご質問は以下のいずれかよりお願いいたします。
 Twitter:@tutinoko310
 Facebook:土屋裕行.com
 メール:お問い合わせフォーム

自己紹介冊子のPDF版を作成しました。以下リンクよりダウンロードできます。
土屋マガジン 〜おもしろき こともなき世を おもしろく〜

Twitter、Feedly、Facebookにてブログ更新を確認できます。

follow us in feedly

2015-11-12 | Posted in 303. 旅Comments Closed