304. ブログ

手の届く人が行動するきっかけを作りたいからブログを書く

こんばんは。土屋 (@tutinoko310)です。

先週末は東京で複業LIVEに参加していましたが、
その他にも東京に行った目的がいくつかありました。

そのうちの1つは友達に会うことです。

友達と言っても学生時代の友人ではなく、
よく自分のブログやTwitterも見てくれている人たちです。

実際会った回数こそ多くないのですが、
普段からブログ、Twitterを通して交流があるので、
会った回数以上に近い関係を築けています。

ただ、ネット上だけではどうしても交流に限界があり、
やはり直接会ってたくさん話したいという思いが湧き上がっていたので、
この機会に誘って実現しました。

当日は互いに面識のない3人に一気に集まってもらい、
2時間くらいテーマを変え、
笑い話から真面目な話まで止めどなく話していました。

当初はこんなこと話そうかと考えていたことも、
話しているうちに別のことが聞きたくなって、
結局当初話そうと思っていることはほとんど話せませんでした。

でも、それは全く不満ではなく、
むしろ予測不可能なテーマが突然出てくるところが
実際会って話すという面白さなので、
とても満足しました。

他の3人の方も同じように満足していたら嬉しく思います。

IMG 6874
モーニングを食べながら会話

さて、ブログ、Twitterを通した交流ということで、
今回改めて自分はなぜブログを書いているのか考えてみました。

まず第1は自分のためです。
ものすごく自己中心的に感じられますが事実です。

以前の記事で書いたように、
ブログを書く1番の目的は未来の自分に向けて。

 ブログの一番の目的は未来の自分に向けて

今の価値観を記録しておくことで、
価値観が変化した未来の自分にとって新鮮な刺激になる、
時には人生を変えるきっかけさえつかめるのではないか、
そんな思いを抱いています。

それと、未来とは関係なく、
書き続けることで文章力がアップすることや、
解像度を高くして世の中を見る習慣が身につくので、
今の自分のためでもあります。

ブログは自分のため、というスタンスは今も変わっていません。

その一方で、誰かのために書いている面もあります。

ただし、誰かとは不特定多数のことではありません。

顔の見えない、会ったこともない誰かのために書いているのではなく、
自分が知り合った人たちに向けて書いています。

ビジネス的観点からだと、
ブログは見込み客の集客に利用するもので、
自分とはまだ接点がない人と新たな接点を作り、
関係を強固なものにしていくものだと考えられています。

しかし、自分は全く逆で、
見込み客を増やそうとはあまり思わず、
今まで出会った人たちのことを思い浮かべて書きます。

なぜなら、自分に近い人たちが行動するきっかけを作りたいからです。

世界には面白い人がいて、予想もしない価値観があって、
不可能だと思われていることにチャレンジし、実現している人がいます。

いつも同じように、学校へ行って会社へ行って、家に帰って寝て、
休日はゴロゴロして買い物でストレス発散、
というような単調な日々を送っていると、
そうした人が存在していも見ることはできません。

もしそんな状況にいる人たちが、
自分が発信しているような活動、場所、人を知ったら・・・
そこから新しい一歩を踏み出し、
人生が楽しいものに変わるかもしれません。

自分はその瞬間に立ち会いたい。
直接立ち会えなくても、変わっていく過程を感じることができるくらい
近くで見守っていたい。

だから、手の届く人に向けてブログを書いています。

ブログを使って(アフィリエイトなどで)お金を稼ごうとは思ってないし、
どれくらいの人に見られているかというページビューも気にしていません。
シェアやリツイートの数も参考値です。

大事なのは数値に現れていない部分、
どれだけの人が行動を起こしたか、ここが大事。

このブログでどのくらいの人が影響を受けているのかわかりませんが、
少なくとも数人はこのブログがきっかけの1つとなって、
自分たちでもブログを書くようになっています。

そういう瞬間に立ち会えることは、
人生の中でも格別の喜びだと思っています。

これからも平日更新(時々飛ばすけど)を続けていけば、
時々は手の届く人を飛び越えて、新しい誰かに言葉が届いていくこともあるでしょう。

そうやって見る人は少なくても、
手の届く範囲の人たちにじわじわと伝わっていったら嬉しいです。

あと、ブログ仲間は常に募集しているので、
ブログ始めました!という方がいましたら是非教えてください。
ブログ仲間になりましょう。

では、明日も良い1日になりますように。

ご案内
詳細プロフィールはこちらから。

ご意見・ご質問は以下のいずれかよりお願いいたします。
 Twitter:@tutinoko310
 Facebook:土屋裕行.com
 メール:お問い合わせフォーム

自己紹介冊子のPDF版を作成しました。以下リンクよりダウンロードできます。
土屋マガジン 〜おもしろき こともなき世を おもしろく〜

Twitter、Feedly、Facebookにてブログ更新を確認できます。

follow us in feedly

2016-07-21 | Posted in 304. ブログComments Closed