203. 関わり方

早起きを習慣化するたった1つのコツ

こんばんは。土屋 (@tutinoko310)です。

寒い冬も少しずつ終わりが見えつつありますが、
今週は全国的な寒波に見舞われていて、
新潟でも週末にかけて雪が降る予報となっています。

寒いこの時期は特に朝起きるのが大変で、
何度も布団の中で起きるかどうか葛藤しつつ、
決死の思いで飛び起きるという方も多いのではないでしょうか。

もちろん例外なく、自分もその1人です。
夏に比べるとやはり冬に早起きするのは大変。

それでも、ここ数年は早起き生活が浸透して、
最近は5時に起きて、6時に家を出発し、
7時前から仕事を始めるという生活リズムを保っています。

この時期の5時はまだ陽が昇っておらず、
感覚的には夜なのですが、
夏と変わらないリズムを維持しています。

こういう生活をしていると、
「どうやったらそんなに早起きできるの」
とよく周りの人から聞かれています。

その返答はいつも同じ。

「早く寝ること」

当たり前過ぎるほど当たり前ですけど、
意識すべきは朝よりもむしろ夜。

寝る時からリズムをつけておくというイメージです。

自分は普段は23時には寝ますし、
どんなに予定があっても24時前には寝るようにしています。

寝る時間を常に一定に保つことで、
起きる時間のリズムを身体に染み込ませ、
朝起きる苦痛を和らげることができています。

もし寝る時間がバラバラだったら、
毎日決まった時間に起きることはもっと苦痛を伴うと思います。

何かを続ける時は、いかに頑張らずでできるかが重要です。

自分の早起きの場合は、日々同じ時間に寝るという
単純なルールで動いているので、
特に無理をせずに続けることができています。

早起きして1日を有意義に使いたいと願う方がいましたら、
まずは睡眠にもう少し注意を払うことをおすすめします。

決まった時間に寝て、きちんとした睡眠時間が確保できれば、
起きる時間が早くても苦労は少なくて済みます。

まだ寒くて早起きを始めるには不向きな季節ですが、
ぜひおためしください。

また、早起きして誰かと話したいという方がいましたら、
ぜひ今週土曜に開催する朝活にお越しください。

 【あと4名】第191回 新潟×朝活定例会開催告知

では、明日も良い1日になりますように。

ご案内
詳細プロフィールはこちらから。

ご意見・ご質問は以下のいずれかよりお願いいたします。
 Twitter:@tutinoko310
 Facebook:土屋裕行.com
 メール:お問い合わせフォーム

自己紹介冊子のPDF版を作成しました。以下リンクよりダウンロードできます。
土屋マガジン 〜おもしろき こともなき世を おもしろく〜

Twitter、Feedly、Facebookにてブログ更新を確認できます。

follow us in feedly

2017-02-09 | Posted in 203. 関わり方Comments Closed