800. 個人思考

「ゆるく時々全力」が成果を生む

こんばんは。土屋 (@tutinoko310)です。

雪山でスノボをする季節も終わりを迎え、
今年もまたマラソンのシーズンがやってきました。

関東地方では冬に天気が良いので、
大きな大会は冬に行われることが多いですが、
雪国新潟では完全にシーズンオフ。

やはり冬場は練習量が不足していて体力が落ちているので、
これか4月末の大会目指して練習を積んでいく予定です。

自分の1週間のマラソン練習ですが、
基本的に走るのは週2日、平日1日と週末1日です。

自由な時間が限られる平日はスピード練習、
比較的まとまった時間がとれる週末は距離練習、と目的を分けています。

スピード練習では、1km(8割のスピード)×5本、
距離練習ではレースの想定ペースで1時間くらい走るのが基本練習です。
(まだ走力が不足している時期はペースを落としてます)

本当は週に3回走るのがベストなんですが、
家庭をはじめ、他にもやることがあってなかなか時間がとれずにいます。

残りの5日間は全く走っていません。

とはいえ、何もしていないわけではなく、
会社のあるフロア(9階)まで階段で昇ったり、
通勤で早歩きをしたり、家で体幹トレーニングをすることもあります。

そこまで負荷は高くないし、時間的にも短いので、
どれほど効果があるかわからないのですが、
何もしないよりは効果があるだろうと続けています。

記録を狙うランナーとしては絶対的に練習量が少ないと思われるかもしれません。

確かに走行距離は短いのですが、
大事なのは週に2回全力に近いパワーを出して走っていることです。

こういった体に強い負荷をかける練習を「ポイント練習」と言います。

ポイント練習は体へのダメージも大きいため、
市民ランナーレベルでは週に2,3回程度が良いと言われています。

最強の市民ランナーとして有名な公務員ランナー、
川内優輝選手も週に2回のポイント練習を軸として、
日本トップレベルのランナーへと成長しています。

  参考:最強市民ランナーが少ない練習で勝てるワケ

トップランナーは毎日激しいトレーニングをしていると思いきや、
実は週の半分以上は追い込まないトレーニングをしていることを知って
とても驚きました。

マラソンはレース自体も長丁場ですが、
レース本番までの練習も長期間に渡ります。

短くても3ヶ月、長いと半年も準備期間に当てることもあります。

そんな長期間のトレーニング生活で怖いのは、
ケガとモチベーションの低下です。

あまり強い負荷をかけたトレーニングを立て続けてに行ってしまうと、
体がその負荷に耐え切れず、体のどこかが負傷してしまいます。

また、毎日のようにつらいトレーニングが続くと、
精神的に疲弊し、限界まで達すると一気に気持ちの糸が切れ、
モチベーションが低下して走らなくなることもあります。

マラソンでは練習間隔が空きすぎると、一気に体力が衰えてしまいます。

もしケガやモチベーション低下によって
満足に走ることができなくなってしまったら、
練習量が足りず、体力低下は免れません。

ですので、「普段はゆるく、時々全力」という練習方法は
一見練習量が少ないように見えて、
実は最も成果の上がる練習法だと言えます。

マラソンに限らず、常に強い負荷をかけ続ければ、
いつか体か心のどちらかが限界を迎えます。

人は頑張ることはできても、頑張り続けることはできません。

自分の体をいたわり、負荷を適度に保ってコントロールすることが、
遠回りに見えて最短の道だと思うのです。

  参考:ランニングの常識は間違いだらけ!苦しいペースで走っちゃダメな理由

では、良い週末をお過ごしください。

ご案内
詳細プロフィールはこちらから。

ご意見・ご質問は以下のいずれかよりお願いいたします。
 Twitter:@tutinoko310
 Facebook:土屋裕行.com
 メール:お問い合わせフォーム

自己紹介冊子のPDF版を作成しました。以下リンクよりダウンロードできます。
土屋マガジン 〜おもしろき こともなき世を おもしろく〜

Twitter、Feedly、Facebookにてブログ更新を確認できます。

follow us in feedly

2017-03-03 | Posted in 800. 個人思考Comments Closed