202. 暮らし方

人混みから離れるだけでもストレスは大きく減る

こんばんは。土屋 (@tutinoko310)です。

久しぶりに仕事で東京方面に出張することになったので、
新幹線やら宿の手配やらをしています。

ずっと同じ場所で仕事をしていると時々環境を変えたくなるので、
数日程度の出張は気分転換にはちょうどいい期間です。

新幹線やホテルは非日常空間なので、
移動や宿泊の時間もじっくりと楽しみたいと思います。

今回久しぶりとなる東京ですが、
実は1年ほど仕事の関係で平日東京、週末新潟という生活を続けたことがあります。
(時々週末も東京に残って遊ぶこともあった)

半分東京都民のような立場で、
朝は通勤電車に乗って会社に行き、夜はまた同じ電車で帰るという日々でした。

朝の電車は混雑がひどいと言われる東西線や山手線に比べればましな方でしたが、
それでもラッシュの時間帯になると思った方向に行けないくらい混んでいました。

また、宿泊場所から仕事場までは乗継があったのですが、
他の人はすごいスピードで歩いていくので、
つられて意図に反して早く歩いてしまい、
仕事を始める前にもう疲れてしまっていました。

1年もこんな生活を続けたにもかかわらず、
全くこの生活に慣れることなく東京生活が終了しました。

仕事自体は帰りが遅い日も時々あったものの、
メンバーに恵まれたことでそこまでのストレスにはなりませんでした。
だからこそ、通勤にかかるストレスが本当に大きかったです。

少し遠回りをして路線を変えてみたり、
時間をずらしてピークの時間を避けたりしたものの、
それほどストレス軽減とはいきませんでした。

東京ではなかなか会えない友人たちに会ったり、
行きたくても行けなかったイベントに足を運んだり、
新潟に住んでいてはできない経験も多々しました。

それでも、もう一度あの生活を繰り返したいかと言われたらすぐに断ると思います。
それくらい通勤のストレスは大きかった。

一方、今の通勤は基本的には車。

誰にも邪魔されないプライベート空間での移動は
全くストレスになることなく、むしろ日常の良い気分転換になっているくらいです。

車での通勤は30分、その時間を使って考え事をしたり、
気分のいい時は音楽を流して歌いながら帰ったりしています。

当然ながら通勤によるストレスは皆無。

朝から不快になることも疲れがたまることもないので、
スムーズに仕事を始めることができています。

人混みによるストレスは自分にとっては想像以上に大きいものでした。

通勤以外でも、どこにいっても人がたくさんいるという環境は、
自然の中でゆったりと暮らしたい自分の理想とはかけ離れた環境でした。

1年間の東京生活で大きなストレスを抱え込みましたが、
新潟に帰ってきて今のような生活を始めたら、自然とストレスは消え去りました。

人混みから離れるだけでもストレスは大きく減ります。

満員電車に乗るという苦行の日々が耐え切れないという時、
そこから逃げるという選択肢もぜひ持って欲しいと思うのです。

 参考:逃げるは恥でも何でもない

では、明日も良い1日になりますように。

ご案内
詳細プロフィールはこちらから。

ご意見・ご質問は以下のいずれかよりお願いいたします。
 Twitter:@tutinoko310
 Facebook:土屋裕行.com
 メール:お問い合わせフォーム

自己紹介冊子のPDF版を作成しました。以下リンクよりダウンロードできます。
土屋マガジン 〜おもしろき こともなき世を おもしろく〜

Twitter、Feedly、Facebookにてブログ更新を確認できます。

follow us in feedly

2017-06-08 | Posted in 202. 暮らし方Comments Closed