800. 個人思考

生活に余白を残すと想定外に対応できる

こんばんは。土屋 (@tutinoko310)です。

先月の慌ただしい時期を乗り越えて、
またいつも通りの日常が戻ってきました。

今月は仕事量は平均、特に大きなイベント事はなく、
空いた時間が一気に増えたので、
引っ越したばかりの部屋の片付けや、
トレーニング不足の体を鍛えるため、走ったり泳いだりしています。

しかし、穏やかな日々が戻ったと思ったら、
立て続けに転勤や結婚の話が舞い込んできました。

彼らを気持ち良く送り出すため、
関わった人たちを集めた飲み会をそれぞれ企画し、
日程調整や参加者集め、お店の予約や当日のスケジュールなど、
いろいろなことを考えています。

昔から飲み会やパーティーの幹事・司会を担当することが多かったので、
こうした役割には慣れっこ。
むしろ自ら率先してやるくらい好きなことです。

やっと生まれた空き時間を早速手放すことになりましたが、
好きなことに没頭できるわけなので、結構楽しい時間を過ごしています。

今回送別会や結婚祝いの会の準備に時間を割けているのは、
日々の予定をガッチリ埋めず、スケジュールに余白を残していたからです。

自分はわりと好奇心が強く、悩んで考え抜くより行動するタイプなので、
楽しそうなことがあったらつい足を運んでみたくなります。

しかし、そうやって好奇心の赴くままに行動していたら、
どんどん自分の時間が奪われていって、
本当に大事な予定が入った時に身動きが取れない状態になる危険があります。

そうならないために、予定外のお誘いや思いつきにすぐ対応できるよう、
スケジュールを目一杯詰めることはせず、
適度に余白を持って過ごすようにしています。

そのまま余白に何も予定が入らなかった場合は、
その時間を使って本を読んだり、走ったり、掃除をしたり、YouTubeを見たり、
その時やりたいこと、やるべきことに手をつけています。

全く何もすることなくぼーっとすることはなくて、
やりたいことは常にたくさんあるので、
時間があればそれらに手をつけていく感じです。
(ぼーっとする時はあらかじめ時間帯を決めておいてぼーっとしてます)

スケジュールに予定を詰め込むと、
自分が仕事ができるようになった気がし、
リア充になったような気がしてきます。

しかし、それは残念ながら幻想で、
予定を詰め込むほど予定に縛られて自由に動くことができなくなってしまいます。

楽しいことはいつ何時やってくるかわかりません。

そのチャンスをつかむ可能性を高めるためには、
自由に動ける時間を持つことが大事です。

みなさんのスケジュールはどうなっていますか?

もっと面白いことに出会いたいという方は、
ぜひその気持ちを少し抑えて、
何も予定を入れない時間を入れてみてはいかがでしょう。

では、明日も良い1日になりますように。

ご案内
詳細プロフィールはこちらから。

ご意見・ご質問は以下のいずれかよりお願いいたします。
 Twitter:@tutinoko310
 Facebook:土屋裕行.com
 メール:お問い合わせフォーム

自己紹介冊子のPDF版を作成しました。以下リンクよりダウンロードできます。
土屋マガジン 〜おもしろき こともなき世を おもしろく〜

Twitter、Feedly、Facebookにてブログ更新を確認できます。

follow us in feedly

2017-07-12 | Posted in 800. 個人思考Comments Closed