800. 個人思考

街の中の家から、家の中の街へ

こんばんは。土屋 (@tutinoko310)です。

この週末はライフワークの朝活終了後、
家族で近くのイオンに買い物に出かけてきました。

クリスマスが近くて、会社員はボーナスが出たばかりですし、
混雑すると思っていましたが予想に反してそれほど混まず。

おかげでゆったりと買い物、食事を楽しむことができました。

自分はイオンの空間が好きなので、
子連れで買い物する時はだいたいイオンを利用しています。

その理由は商店街よりイオンに足を運ぶ3つの理由
という記事にまとめた通りです。

記事の中でイオンに足を運ぶ理由について
 (1)駐車場が広くて無料
 (2)店がオープン(入口に壁がない)
 (3)子どもを連れていきやすい
と3つ挙げていますが、
今回イオンに行ってみて(2)の理由についてさらに思考が進みました。

街の中の家から、家の中の街へ

イオンは大型ショッピングセンターで、
複数の小売店舗や飲食店が入居する商業施設です。

ユニクロやH&Mといったファストファッション、
家電量販店、スポーツショップ、カフェ、美容室、クリニック、
巨大なフードコートや食品売場に映画館。

様々なお店が1つの建物の中に集積しています。

その様子はまるでイオンモールという大きな家の中に
街がまるごと入っているような印象を受けます。

一方、そんな郊外の大型ショッピングセンターにお客を奪われた商店街は
イオンモールとは逆の形態になっています。

商店街という街の中に個々のお店(家)が存在している。
つまり「街の中に家がある」という状態です。

「街の中の家」という形態の商店街と、
「家の中の街」という形態のイオンモール。

人の賑わいを見てわかる通り、時代は後者の形態を支持しています。

その最も大きな要因は、上で挙げたイオンに足を運ぶ理由(2)、
店がオープンであることだと思います。

商店街では街の中にある店は1つ1つ独立しているため、
お店の中に入るにはドアを開け、壁を越えなければいけません。

そして入った後は閉じた空間でお店の方と過ごすことになります。

すでに顔見知りの関係であればスムーズに入っていけると思いますが、
全く面識のない人、場所の場合、この壁を超えるのは大きなエネルギーが必要です。

特に買うものがなかった時に、
手ぶらで出て行くのが気まずくなりそうで入るのがためらわれる、
という方もいるかと思います。

イオンの場合は1つの建物内に多くのお店が入っているので、
独立した店舗というより、部屋という感覚に近いです。

入口にもドアはなく、中が簡単にのぞけるようになっていて
出入りもしやすいため、余計なストレスなく気軽に買い物をすることができます。

また、人の流れがあるので特に買いたいものがなかった時も
気にすることなく店の外へ出ることができます。

先日Google新ロンドン本社の完成予想図が発表されましたが、
その姿はまるでイオンモールように横に広がる巨大な建物でした。

 参考:超高層ビルと同じくらい“長い”グーグルの新社屋、次世代トレンドとなるか

1つの大きな建物の中に多くの機能を持たせる、
というのは次世代のトレンドになるのでは、と思わせてくれました。

イオンモールはこれからも地方の中心となり、人を集める場所であり続けるのでしょうか。
10年後に期待と不安が入り混じります。

では、明日も良い1日になりますように。

ご案内
詳細プロフィールはこちらから。

ご意見・ご質問は以下のいずれかよりお願いいたします。
 Twitter:@tutinoko310
 Facebook:土屋裕行.com
 メール:お問い合わせフォーム

自己紹介冊子のPDF版を作成しました。以下リンクよりダウンロードできます。
土屋マガジン 〜おもしろき こともなき世を おもしろく〜

Twitter、Feedly、Facebookにてブログ更新を確認できます。

follow us in feedly

2017-12-18 | Posted in 800. 個人思考Comments Closed