702. スポーツ

全国にあふれるマラソン大会、走りたいと思ったらすぐに参加できる

こんばんは。土屋 (@tutinoko310)です。

先日に引き続き関東家族旅行のお話。

ディズニーランドを翌日に控えた夜、
近くのホテルに荷物を置いて、夜に周辺をランニングしていました。

夜でもあまり寒さを感じず、
整備された歩道と整然と続く街灯に照らされながら
気持ちよく1時間ほど走ることができました。

この時期の関東地方は毎日のように天気が良いので本当にうらやましいです。

IMG 9775
さて、ランニング中に道路脇の何箇所かで
マラソン大会開催による交通規制の看板を見かけました。

後でホテルに帰ってから調べてみると、
2/4に開催される東京ベイ浦安シティマラソンでした。

ディズニーランドのこんな近くでもマラソン大会が開催されるとは驚きです。

今回で27回目を迎える大会で、距離はハーフ、10km、3kmの3種類、
エントリー開始から1ヶ月経たずに募集終了するほどの人気ぶりとなっています。

快晴の天気の中、心地良い海風と日差しを浴び、
夢の国を横に見ながら走るのは気持ち良いだろうと容易に想像できます。

マラソンはだいぶ以前にブームとなって競技人口が拡大し、
今ではブームを通り越して1つの文化にまでなっているように感じます。

2015年にはフルマラソンだけで約200大会が開かれていて、
浦安シティマラソンのようにハーフや10kmといった距離の大会も含めると、
全国で約2,000もの大会があると言われています。

 参考:飽和状態の市民マラソン…大会生き残りの鍵は?
    マラソン大会一覧|ランナーズバイブル

マラソンシーズンは一般的に冬と言われていて、
日本で最も大きな大会の1つ、東京マラソンも2月に開催されていますし、
お正月を賑わせる箱根駅伝や、トップクラスのランナーが集まる福岡国際マラソンも冬開催です。

ただ、上で紹介したマラソン大会一覧をさっと眺めると、
冬に開催しているのはほとんどが関東や関西以西の都府県です。

日本海側の県や北海道・東北地方は雪や風が激しく、
寒さも厳しく快適に走れる環境でないことから、
開催される大会はほとんどありません。

まれに寒中マラソンなどが元旦に行われたりしますが、
距離は短く、参加者も少ない小規模な大会に留まっています。

豪雪地帯の新潟では、4~5月の春と、9~11月の秋に大会が集中しています。

雪国の人たちは冬に屋外でまとまった練習がしにくいので、
自分も毎年冬場の練習には頭を悩ませています。

全国にこれだけマラソン大会があふれている今、
走りたいと思ったらすぐに大会を検索してみてください。

必ずみなさんの住んでいる場所の近くでマラソン大会が開催されているはずです。

今マラソン大会は飽和状態にあって、
これからコースの走りやすさや運営のスムーズさなどによって
大会が淘汰される時代に入っていきますが、
当面は全国で多くの大会が開催され続けていきます。

テレビで観るマラソン大会のようにストイックに走り続けなくても、
気分転換の1つとして走り始め、
モチベーション維持のために大会に参加するのも1つの方法です。

走る人にとって恵まれた時代に生きているのですから、
その恩恵を最大限に受けて、多くの人が楽しくランニングを続けていけるようになれば嬉しいです。

自分はここ数年は新潟県内の大会が中心になっていますが、
そろそろ遠征して大会に参加しようかと考えています。

そうやってどの大会に参加しようか、あれこれ考えている時間も結構楽しいもの。

当面は4月に参加する佐渡トキマラソンを目指して、日々練習に励みます。

では、明日も良い1日になりますように。

ご案内
詳細プロフィールはこちらから。

ご意見・ご質問は以下のいずれかよりお願いいたします。
 Twitter:@tutinoko310
 Facebook:土屋裕行.com
 メール:お問い合わせフォーム

自己紹介冊子のPDF版を作成しました。以下リンクよりダウンロードできます。
土屋マガジン 〜おもしろき こともなき世を おもしろく〜

Twitter、Feedly、Facebookにてブログ更新を確認できます。

follow us in feedly

2018-01-18 | Posted in 702. スポーツComments Closed