702. スポーツ

ランニングと写真撮影は最高の相性

こんばんは。土屋 (@tutinoko310)です。

今週は関東地方でも積雪になる予報となっていて、
全国的にも今シーズン一番の寒気が流れ込んでくると報道されています。

先週大雪が降ったばかりなので、
再び大雪&吹雪になるのはやめてもらいたいところ。

IMG 9914

さて、悪天候になると屋外では走れなくなることもあり、
この土日に走りだめということで、2日とも12km程度走りました。

実は今年に入ってからトレーニング方法を少し変えていて、
1回の練習の強度を落とし、1週間あたりの走る回数を増やすようにしました。

去年まで週2日で短い距離を全力で走ったり、
レースと同じペースで10km程度走るという追い込んだ練習をしていましたが、
今は週3~4回で毎回余裕を持ったペースで走り終えられる程度の負荷にしています。

以前に比べて練習後のダメージが少ないこともあり、
体に疲れが残りにくく、今のところ変更は正解です。
あとは試合で結果がついてくるかどうかだけ。

練習内容を変えたことで、走っている時の心境にも変化が現れました。

今までは走ることだけに集中していて、
こまめにペースを確認し、自分の体の状態に常に気を配りながら走っていました。
常に自分と対話して、意識は自分の中に向いている状態でした。

それが今はペースをそこまで気にしなくなったことで、
意識が自分の内側へ向くのではなく、少しずつ外側へ向くようになってきました。

走っている時の周囲の環境の変化を、以前より敏感に察知できているように感じます。

この週末はスマートフォンを持って走り、目に留まった景色を撮影していきました。

今まで素通りしていた風景も、
ゆっくり走るようになったことでその美しさや季節感をより感じることができるようになり、
走る最中の楽しみが増えたような感じです。

近くの湖には今の時期白鳥が多く飛来しているので、
そこではウォーキングに切り替えて、他のカメラマンと一緒に撮影を楽しみました。

ランニングしながら写真撮影をするようになってまだ数回ですが、
ランニングと写真撮影は最高の相性だと思っています。

なぜなら、素晴らしい景色や場面を見つけやすく、
見つけた瞬間にすぐ立ち止まって撮影することができるからです。

例えば車で移動している場合、
良いと思った景色を見つけたとしても、すぐ撮影できるとは限りません。
まず車を安全な場所へ停めて、そこから撮影スポットに移動して撮影しないといけません。

どうしても写真を撮りたいという強いモチベーションがあれば別ですが、
ちょっと気になったから写真を撮りたいと思うくらいでは、そのまま素通りしてしまうでしょう。

そもそも、車や自転車で素早く移動していると、
なかなか周りの風景に目が届かず、素晴らしい景色や場面を見逃している可能性もあります。

その点、ランニングなら周りの景色をゆっくりと見ることができ、
自由に立ち止まってすぐ撮影することが可能です。

日常の生活圏の中で見落としていた景色を発見することができますし、
ランニングと写真撮影が同時にできることで時間の節約にもなります。
忙しい現代人にとっては相性が良い組合せだと感じました。

今年は今の低負荷トレーニングを続けていく予定なので、
練習中に見つけた風景を撮影し、
四季の変化を感じながら楽しく走れたらと思います。

ランニング好きの方も、写真撮影が好きな方も、
ぜひラン&カメラをお試しください。

では、明日も良い1日になりますように。

ご案内
詳細プロフィールはこちらから。

ご意見・ご質問は以下のいずれかよりお願いいたします。
 Twitter:@tutinoko310
 Facebook:土屋裕行.com
 メール:お問い合わせフォーム

自己紹介冊子のPDF版を作成しました。以下リンクよりダウンロードできます。
土屋マガジン 〜おもしろき こともなき世を おもしろく〜

Twitter、Feedly、Facebookにてブログ更新を確認できます。

follow us in feedly

2018-01-22 | Posted in 702. スポーツComments Closed