800. 個人思考

読書習慣をつけたければ、聞く読書から始める

こんばんは。土屋 (@tutinoko310)です。

日々の通勤で往復1時間以上かけている自分にとって、
車の中で過ごす時間をどう使うか、
以前から悩んでいました。

最近までは、行きは仕事やブログのことを考えて、
帰りはボーッとしたり歌ったりと、
メリハリをつけて過ごしていました。

最近になって、この中に新たなパターンが加わりました。

それは「聞く読書」です。

オーディオブックと呼ばれるサービスが注目され始め、
AmazonがAudibleというサービスを始めたことで、
さらに注目されるようになりました。

プロのナレーターや声優が読み上げた音声をダウンロードして、
スマホ等でいつでも聞くことができます。

場所を選ばず聞けるので、通勤中や運動中、
料理をしながらや寝る前など、
通常の読書よりも気軽で自由度が高いのが特徴です。

自分が使っているサービスはaudiobook

AmazonのAudibleより取り扱っている本は少ないですが、
月額750円の聴き放題プランがお得なので、
始めるにはもってこいのサービスになっています。

今まで読みたかったけど、
他に優先して読みたい本があってまだ読んでいない本など、
気軽に聞くことができています。

自分はビジネスや自己啓発系の本を聞いていますが、
他にも小説や語学などのジャンルがあります。

一般的な読書は、自分で本を選び、
本を読む時間を確保して、自分でページを読み進めなければなりません。

つまり、読書とは能動的な体験でした。

一方、オーディオブックは本を選ぶのは自分ですが、
再生すればあとは聞いているだけ、
他のことをしながらでも聞くことができます。

つまり、オーディオブックは受動的な体験である、ということです。

自分から主体的に向き合わなくてもいい読書は、
本を読む、聞くことへのハードルを下げてくれます。

普段本を読まない人にとっては、
いきなり紙の本を読むより、オーディオブックで聞く方が
気軽に始められて続けやすいと思います。

一旦本を聞く習慣ができれば、
そこから紙の本へと移行するのはそれほどハードルの高いものではありません。

まず本の面白さを知ってもらうこと、
その手段としてオーディオブックは有効ではないかと思います。

日々忙しいけど本は読みたい人、
本を読みたいけど何から読めばいいかわからない人、
ぜひオーディオブックのサービスを活用してみて下さい。

では、明日も良い1日になりますように。

ご案内
詳細プロフィールはこちらから。

ご意見・ご質問は以下のいずれかよりお願いいたします。
 Twitter:@tutinoko310
 Facebook:土屋裕行.com
 メール:お問い合わせフォーム

自己紹介冊子のPDF版を作成しました。以下リンクよりダウンロードできます。
土屋マガジン 〜おもしろき こともなき世を おもしろく〜

Twitter、Feedly、Facebookにてブログ更新を確認できます。

follow us in feedly

2018-11-14 | Posted in 800. 個人思考Comments Closed