201. 働き方

やりたいことファーストより働き方ファースト

こんばんは。土屋 (@tutinoko310)です。

昨日の記事では「好きなことを仕事にしなくてもいい」と書きました。

好きなことを仕事にできなくても楽しく生きられる | 土屋裕行.com

今回も似たような内容で、
好きなこと、やりたいことについて書いてみます。

最近「転職の思考法」という本を読みました。

転職を考えているわけではないのですが、
SNS上でもよく見かけ、かなり売れているという話を聞いたので、
気になって読んでみました。

サラッと目を通すくらいにしようと思っていたら、
物語形式でどんどん読み進めてしまい、
最後まで一気読みしてしまいました。

主人公が転職か残留かで揺れ動くところは、
多くの仕事に迷っている人にとって共感できると思います。


この本で1番印象的だったのは、
「何をするか」を重視するToDo型と
「どんな状態でいるか」を重視する「Being型」
の人間がいるという部分です。

ほとんどの人がやりたいことがなく、
Being型の人間とのこと。

好きなことを仕事にしよう!
というのはBeing型の人にとっては答えのない問いであり、
だからこそ多くの人がその言葉に惑わされ、
苦しんでいるのではないかと思います。

Being型の人にとって優先すべきは、
やりたいことよりもどんな状態にあるか、
だそうです。

つまり、やりたいことや仕事内容よりも、
好きな人たちに囲まれて、
無理のない時間で働けるという、
働き方の方を優先すべき、ということ。

自分もこの考えには大いに共感していて、
やりたいことよりも、
働き方の方を重視したいと感じています。

やりたいことファーストより、働き方ファースト

働き方を優先して仕事を決める、
そんな選択もいいのではないでしょうか。

「やりたいことを仕事にしよう」論はほとんどの人にとって重荷でしかない | 転職の思考法 | ダイヤモンド・オンライン

ご案内
詳細プロフィールはこちらから。

ご意見・ご質問は以下のいずれかよりお願いいたします。
 Twitter:@tutinoko310
 Facebook:土屋裕行.com
 メール:お問い合わせフォーム

自己紹介冊子のPDF版を作成しました。以下リンクよりダウンロードできます。
土屋マガジン 〜おもしろき こともなき世を おもしろく〜

Twitter、Feedly、Facebookにてブログ更新を確認できます。

follow us in feedly

2018-12-11 | Posted in 201. 働き方Comments Closed