110. 参加イベント

東京朝活読書会に参加しました

今日は東京に来ております。
東京に来たのはいつ以来でしょうか。

前回の記事で書いた通り、
今回の東京行きの目的は自由大学を訪れることです。

元々自由大学に興味があったのと、
尾道自由大学開校の発表が今日あると知り、
ぜひこの目で見たいと思って参加することにしました。

とはいえ、せっかく東京に行くのだから、
自由大学だけしか見ないのはもったいない!!

ということで、今回の東京日帰りツアーその1は、
東京朝活読書会です。

新潟×朝活を運営している自分としては、
東京での朝活事情はどうなっているのかを知りたかったので、
この日に東京で開催する朝活を調べてみました。

すると思ったほど数が多くなく、
なかなか思うように見つからなかったのですが、
その中でようやくこの東京朝活読書会にたどり着きました。

まずは周辺散策

会場の品川のカフェには朝7時には到着。
早すぎたので近くを散歩してからマックで待機。

写真 13 04 27 6 35 50
品川駅レインボーロード。駅が広い!

写真 13 04 27 6 45 28
近くのタワー。高い!

そして8時前に会場のマンゴーツリーカフェに到着。
写真を取り忘れるという失態。。。

参考までにこんなオシャレな場所。
313722 IlrORjlPnx2xnM oi4IZYR4aMhtBTnKOOhqNJ5yZdM

8時ちょうどに主催者の方が到着。

いつも少人数で開催していて、今回は3人の予定でしたが、
1人の方が直前でキャンセルになったため、
今回は2人で朝活スタートとなりました。

思い出の本を紹介しました

軽い雑談、自己紹介の後、本題の本紹介。

私は人生の大きな転機となった本、
収入複線化マニュアルを紹介しました。

この本については後日改めて紹介しますが、
自分が朝活を始めるきっかけを作ってくれた本です。

サラリーマンにとって、
やりたいことをやるためには会社を辞めないといけない、
そう思い込んでいた自分の価値観を壊してくれた本です。

当時の心境を交えながら、本意書かれている概要、
そして本を読んで感じたこと、その後の自分の変化について話しました。

普段は本棚の奥にしまってある本、
今回改めてこの本を読み返してみると、
当時思い悩んでいたこと、この本をきっかけに考え方が変わったことを思い出します。

初心を思い出させてくれた、いいきっかけとなりました。

今回は2人だけだったのと、自分が参加者ということもあって、
普段よりかなり話してしまいました。

たまには話しっぱなしもいいものですね。

収入複線化はこれからの時代に必要

自分が収入複線化の話しをしたので、
主催者の方もその話しに乗っかってきてくれました。

なんと、自ら3本の収入の柱があるとのこと!

収入複線化に至ったのは、
自分と同じくリーマンショックが大きな理由。

1つの仕事による収入に依存することに危機感を抱き、
そこから収入複線化を模索するようになったそうです。

収入複線化に至った理由もその時期も
自分と非常に良く似ていたので、親近感を持って話せました。

日本の大手企業でさえ、今や規模縮小やリストラが当たり前になっています。

そのような時代には、1つの場所だけに居続けて、
1つの収入だけに頼った生き方は、リスクが非常に高いです。

1人でいくつものスキルを持ち、
いくつもの組織、プロジェクトに属して柔軟に複数並行で仕事を進める、
そうした働き方はこれから増えていくのではないか、
話していてそう感じました。



他にも外資系企業の勤務実態や東京の朝活事情など、
朝から1時間たっぷりとお話することができました。

品川はターミナル駅で外国人の方も多く、
このお店にもたくさんの外国人の方がいました。
(自分たちの隣のテーブルにも!)

そんな非日常な異国感を味わいながらの朝活、
とても楽しい時間となりました。

ちなみにこの記事は、
原宿のコワーキングスペースTHE TERMINALで書いています。

そのあたりはまた別記事で紹介します。

そろそろ移動して自由大学へと向かいます!

ご案内
詳細プロフィールはこちらから。

ご意見・ご質問は以下のいずれかよりお願いいたします。
 Twitter:@tutinoko310
 Facebook:土屋裕行.com
 メール:お問い合わせフォーム

Twitter、Feedly、Facebookにてブログ更新を確認できます。

follow us in feedly
2013-04-27 | Posted in 110. 参加イベントComments Closed