101. 新潟×朝活

新潟×朝活でスターバックス紫竹山店を利用する5つの理由

新潟×朝活の定例会はスターバックス紫竹山店で開催しています。

1年目はいろいろと場所を変えて開催してましたが、
2年目からはずっと固定でこのお店に集まっています。

いくつかの候補地を転々として、
なぜ今のスターバックス紫竹山店に落ち着いたのか、
その理由を5つにまとめてみました。

A0003 ki 0117

車で利用しやすい

最大の理由は車で利用しやすいことです。

新潟市には高速道路並みのバイパス道路があり、
市内の移動、または新潟市外から来る人にとってもメインルートです。

スターバックス紫竹山店はこのバイパスのインターチェンジに近く、
看板も大きくとてもわかりやすい場所にあります。

さらに、専用駐車場が完備されていて、
20台程度停めることができます。

新潟は車社会なので、イベント時は駐車場の有無が重要になってきます。

新潟駅周辺にも良いお店があるのですが、
駐車場がないために、近くの有料駐車場を利用するしかありません。

コーヒー代よりも駐車場代が高くなってしまっては、
参加をためらってしまうでしょうし、
何より私へのダメージが大きいです。。。

そのため、駅から少々離れていても、
車で来店しやすい紫竹山店はとても魅力的です。

開放感がある

スターバックスの店舗全般に言えることですが、
お店の作りが非常に開放的です。もちろん紫竹山店も同様。

天井が高いので圧迫感はなく、
壁は広くガラス張りになっているので、外の景色を楽しむこともできます。

開放感がある場所は、それだけで気分も軽くなるものですが、
朝活においてはもう1つ重要な役割を果たしてくれています。

その役割とは、「帰りやすい雰囲気」です。

外から中の様子を見ることができるので、
初参加の方は朝活に参加する前に雰囲気を確認することができます。

もし自分に合わないと感じたらそのまま参加せず帰ることができますし、
店内に普通のお客として入って、朝活の様子を見ることもできます。

もしこれが個人経営の小さなカフェだったり、貸し会議室だったりすると、
中の様子がわからず、一度入ったら会が終わるまで抜けづらくなるでしょう。

逃げ場所が用意されてると人は安心するものなので、
開放感がある空間によって、参加のハードルが下がっていると思っています。

朝早くから利用できる

朝活の必須条件は、朝から営業しているお店です。

当然ながらどんなに駐車場完備で開放的なお店でも、
ランチから営業しているお店では開催できません。

自分が調べた限りでは、朝8時から営業しているお店は思った以上に少なく、
ガスト、サイゼリヤ、タリーズといったチェーン店に限られました。

朝という時間に限ってしまうと、選択肢が一気に減ってしまうのです。

都心部ではお店が多いので困らないかと思いますが、
地方ではかなり選択肢が狭まるものだと実感しています。

テーブル配置の変更ができる

スターバックスではカウンター席や大テーブルがありますが、
2人用の小さなテーブルがいくつもあります。

普段の朝活では、テーブルを移動させて2つをくっつけ、
そのテーブルの周りに8人が座るという形式にしています。

そうすると互いの距離が遠すぎず、話しやすい距離になるからです。

何度かファミレスで開催した時は、
テーブルを動かすことができなかったので、
人の間隔が開き過ぎて話しづらかった経験があります。

そのため、テーブルを動かすことができ、
自分で話しやすいレイアウトを作れるという点は、非常に魅力的です。

全席禁煙

これはもう完全に自分の好みなのですが。

タバコが苦手なので、店内全て禁煙というのは嬉しいです。

お店によっては分煙になっている場所もありますが、
完全ではなく、タバコの匂いが漂ってくると不快になります。

店内全て禁煙ならばタバコの匂いはないですし、
余計なことを気にせずに朝活に集中できます。

スモーカーにとっては厳しいかもしれませんが、
ここは主催者特権を生かしてこれからも死守していきます。

以上、スタバを利用する5つの理由でした。

これから素敵な場所を見つけるかもしれませんが、
滅多に出会うことはないでしょう。

当分はスターバックス紫竹山店を利用すると思います。

もし「いいお店知ってる!」という方がいましたら、
ぜひ教えて下さい。朝活できそうか見に行きますので。

マンネリ化を防ぐためにも、何カ所か活動拠点が欲しいところです。

ご案内
詳細プロフィールはこちらから。

ご意見・ご質問は以下のいずれかよりお願いいたします。
 Twitter:@tutinoko310
 Facebook:土屋裕行.com
 メール:お問い合わせフォーム

Twitter、Feedly、Facebookにてブログ更新を確認できます。

follow us in feedly
2013-05-28 | Posted in 101. 新潟×朝活Comments Closed