800. 個人思考

車通勤はアイデアの宝庫

今日は大雨、梅雨らしい天気です。

さて、今月で阿賀野市に引っ越して1年が経ちました。

もう1年かという気持ちもあれば、
まだ1年かという気持ちもあります。

それでも、1年も住むとだいぶ土地にも適応できてきました。

今は安定した生活リズムで生きています。

引越し前は徒歩で通勤できる範囲に住んでいたので、
車通勤で45分くらいかかる距離に引っ越すのは結構抵抗がありました。

毎日車に乗って通勤なんて面倒、
行くのにも帰るのにも余計なエネルギーを使うし・・・

そんな思いをずっと持っていたのですが、
実際に車通勤をしてみると、そんなことは感じませんでした。

元々運転は好きだったこともありますが、
毎日の通勤でも飽きない理由は別のところにあります。

その理由とは、「通勤時間は1人になって考えられる時間だから」。

自分の生活を振り返ってみると、
1人で過ごす時間というのは思ったより少ないです。

会社では常に誰かに囲まれていますし、
家に帰ればもちろん家族と一緒、
休みの日も家族や朝活、その他イベントで誰かと一緒にいることがほとんど。

実は完全に1人になっている時間は多くないことに気づきます。

ですが、この1人で考えている時間こそ、
頭の中の情報を整理し、新しいアイデアを生む時間。

自分の思考を邪魔されず、じっくり考えることができます。

私は毎日1時間は確実に通勤時間があるので、
この時間を使って、様々な計画を立てています。

この時間がとても好きです。

車の中で考え事するのが好きなのは、
カフェで考え事してる時に近いと感じます。

周りの風景は常に変わり、車(人)の流れがあり、適度な雑音があるところが
車の運転中とカフェに共通している点です。

絶えず変化する風景は、脳に刺激を与え、クリエイティブを呼び起こします。

普段は断片的に存在している知識や経験が、
外部の変化という刺激によってある時突然つながりを持つ。

そうしてアイデアは生まれてくるのだと考えています。

「絶えず変化する風景は、脳に刺激を与え、クリエイティブを呼び起こす」

この変化とは風景だけではなく、人にも適用できます。

絶えず変化している人は、周囲の人に刺激を与え、
その人の持つ限界を引き出してくれる、
または限界を引き上げてくれる、そう考えています。

だから、これからもたくさんのアイデアを生み出しては実行し、
絶えず今に留まらずにより楽しいこと、みんなも楽しめることを求めていくことで、
自分も周りも人生の可能性が広がるんだろうと思います。

そのアイデアの生まれる場所の1つが
自分にとっては車の運転中です。

これからも交通事故に気をつけながら、
ちょっと歌でも歌いながら、いろんなことを考える通勤時間にしていきます。

みなさんは移動中、何を考えていますか?

ご案内
詳細プロフィールはこちらから。

ご意見・ご質問は以下のいずれかよりお願いいたします。
 Twitter:@tutinoko310
 Facebook:土屋裕行.com
 メール:お問い合わせフォーム

Twitter、Feedly、Facebookにてブログ更新を確認できます。

follow us in feedly
2013-07-12 | Posted in 800. 個人思考Comments Closed