203. 関わり方

出会って別れてまた出会い

この前、朝活で10年ぶりくらいに再会した地元の先輩とゆっくり話してきました。

大学生の頃にたまに飲みに行ってたのですが、
卒業後は全く会ってなく、いつの間にか10年が経ち、
偶然にも朝活に参加して再会しました。

最初は「人違い?」と思いながら様子をうかがって、
佐渡というキーワードが出た時に確信して声をかけました。

それはもう驚きですよ。
聞けば今まで同じ市内に住んでたとのこと。それでも10年も全く会わなかった。
そして10年経ってお互いの顔も存在も忘れかけてたところでの再会。

長くやってるとこういうこともあるんです。

先輩とはこの10年間にあったことよりも、これからのことを中心に話しました。

地元へ帰るとか、海外で暮らすとか、自分で仕事をつくるとか、
10年前からは想像もできないようなことが話題に上りました。

先輩に対してはそんなことやりたいのかって驚きましたし、
先輩も自分のやりたいことを聞いて驚いていたようでした。

10年という時の流れを実感した瞬間です。

この再会のように、人生のある時期に交わった人が、
時が経って再び交わるというのは素敵なことだなと思うのです。

自分も相手も生きてる中でいろいろ変化してるのに、
また会えるというのは嬉しいことですし、
変化しているのに今も話が合うのは、ともに成長してるようでさらに嬉しいことです。

もしお互いが話すことで決意を新たにし、
明日への行動につながったとしたら、それだけで再会の価値はあったのだと思います。

ただ、こうして再会したとしても、
また何かの変化が起きて疎遠になる可能性は十分にあります。
転職とか結婚とか引越しとか。

今は仲良くしている人たちだって、
これから人生の進む道が大きく変わって、
自分から離れていく人だっていると思う。

でも自分はそれでいいと思うのです。
その人が望む変化ならそれでいいと。

いずれその変化がまた自分と同じ向きになり、
どこかでまた再会する可能性だって十分にあるのですから。

先輩とは、
「このタイミングで再会したことは、きっと意味があるんだよ」
という話しでまとまりました。

自分もそう思います。

10年前、何もやることがなくフラフラしてた大学時代を知る人が
今の自分を見ることで、何か感じることがあるんじゃないかと、
その感じたことが自分にとっての新しいプラス要因になるんじゃないかと。

突拍子もないけど、そんなことを思っています。

出会って別れてまた出会い。
そうだからこそ人生は楽しい。

ご案内
詳細プロフィールはこちらから。

ご意見・ご質問は以下のいずれかよりお願いいたします。
 Twitter:@tutinoko310
 Facebook:土屋裕行.com
 メール:お問い合わせフォーム

Twitter、Feedly、Facebookにてブログ更新を確認できます。

follow us in feedly
2013-08-01 | Posted in 203. 関わり方Comments Closed