304. ブログ

進化するためにブログを書く

昨日読んだ記事の中で強く共感するものがあったので紹介します。

 僕はなぜブログを書き続けるのか | No Second Life

月100万PVを超えるアクセスを誇るブロガー立花氏のブログ。

1996年からずっとブログを更新し続けている立花氏が、
なぜブログを書き続けているのかをまとめていました。

その中で共感した部分を以下に抜粋します。

そう、ブログを書くということは、
僕にとっては「自分自身を進化させる」ことと同義なのだ。

勉強をしたらそのことを記事にする。
新製品を試したらブログに書く。
本を読んで感動したらそれを読者の方達とシェアする。

フルマラソンを走ったら、その時の想いや試したことを書くことで、
これからフルマラソンにチャレンジする人の役に立つと思った。

毎晩2時まで起きていた僕が5時ラーになった時に経験したこと、
試したことをまとめたら、早起きになりたい人が喜んでくれると思い、
それを記事にした。

僕が好きなお店を紹介して、
読者の皆やお店の方が全員嬉しいという状態を作りたかった。

〜〜〜〜〜〜中略〜〜〜〜〜〜

自分を進化させるためにブログを書く。

そのスタンスは今日も変わっていないし、
多分これからもずっと変わらないだろう。

僕が興味を持つ分野が変化したり、
読む本の種類が変わることはあるだろうが、原則はきっと一緒。

ブログは、これからも僕を進化させてくれる、僕の右腕で有り続けるだろう。

だから僕はブログを書き続ける。これからもずっと。

人生は一度きりだから。No Second Life.

僕はなぜブログを書き続けるのか | No Second Life

「自分を進化させるためにブログを書く」が、まさにその通りだと思いました。

自分がブログは始めたのも、朝活を知ってほしいという思いの他に、
自分の経験値をアップさせたいという思いがありました。

初期の頃は毎日ブログを書くと決めていたので、
何か記事になるものはないかと必死に探し、
知識を得て、自分なりの考えを加えてアップし続けていきました。

そうすることで、少しずつ知識が増え、思考のパターンが増え、
新しい行動が生まれ、新しい人に会え、次の目標を見つけ・・・
と、どんどん自分の経験値がアップしていることに気づきました。

この経験値のアップこそ、
立花氏が言う「進化」なのだと思うのです。

何度か更新を止めようと思った時もあったのですが、
止められなかったのは、ブログを書くことで進化することを体感していたからです。

毎日小さくても、何かしらのテーマを見つけ、
それについての情報と、自分の考えを書き続けることで、
いずれ進化と呼べるほどの劇的な変化が訪れます。

ブログを書いていなかった自分はもう想像できませんが、
もしブログを書いていなかったら、
朝活はそこまで広まっていなかったでしょうし、
ここまで多くの人と出会うこともなかったでしょう。

ブログを書くことで受けてきた恩恵を思うと、
ブログを止めるということは考えられなくなります。

ちょうど昨日の夜にブログにこの記事を見て、
自分のブログについていろいろと考えていた時、
大学時代の後輩から数年ぶりに連絡がありました。

何でも新潟×朝活のブログを検索で見つけたとのこと。

また1つ、ブログを通して嬉しいことが起こりました。

これから書くことが変わっても、レイアウトが変わっても、
ブログを書くことは止められないなと思った出来事でした。

ご案内
詳細プロフィールはこちらから。

ご意見・ご質問は以下のいずれかよりお願いいたします。
 Twitter:@tutinoko310
 Facebook:土屋裕行.com
 メール:お問い合わせフォーム

Twitter、Feedly、Facebookにてブログ更新を確認できます。

follow us in feedly
2013-10-22 | Posted in 304. ブログComments Closed