101. 新潟×朝活

人よりイルカが多い島、御蔵島

前回の朝活で面白い島の話しを聞きました。

御蔵島という島ですが、みなさんご存知でしょうか?


大きな地図で見る

東京から南へ200km、三宅島の南18kmに位置する島。
野生イルカが見れることで有名です。

人口は300人程度で、
観光ガイドなどで島外の人が多く住んでいるそうです。

そして、住んでる人よりも、
周囲で観測されているイルカの方が多いと言われているそうです。

現地の海に潜って撮った写真を見せてもらったのですが、
躍動感あるイルカの泳ぎを感じることができました。
(特殊なカメラで撮影したとのこと)
 
東京の離島というと、台風の被害を受けた伊豆大島、
噴火活動が続く三宅島、クジラが見れる小笠原諸島、
このあたりが有名ですが、御蔵島のような島もあったんですね。

自分も佐渡出身なので、
離島という括りでは同じかもしれませんが、
この御蔵島とは全く環境が違います。
 
佐渡は人口7万弱で小さな地方都市くらいの人口があり、
東京23区より広い面積を持ち、
本州と行き来する船は、1日数便出ています。

島内にはコンビニもあるし、TSUTAYAもあるし、
それなりの娯楽施設もあるし、高校も数校あるし、
確かに田舎ではありますが、
そこまで外と隔絶されている感じはありません。

しかし、この御蔵島の場合は、
本州まで200キロ、船は1日1便、
そして島の人口は300人で高校はありません。

ここの子どもたちはどうやって遊んでるんだろうとか、
大人はどんな仕事をしてるのかとか、
外の世界から隔絶された世界という実感があるのかとか、
いろいろなことを考えてしまいます。

 
でも思うのは、そこに住んでる人たちにとっては、
そこでの生活が当たり前のこと、ということ。

不便だと感じることはあるのかもしれないけど、
そういうのもだと受け入れてるんじゃないでしょうか。

佐渡もそんな感じで、
住んでる時はそこまで不便さを感じていませんでした。
(旅行行く時大変だ、くらいの感覚)

大変そうだと思っているのは、外から見た人の視点であって、
実際そこにいる人たちは、
そこまで大変だとは思ってないのでは、
と思いました。

日本には島が6,000以上あるそうです。
まだまだ知らない島がたくさん。

神秘に満ちた離島には、どんな楽しさが待っているでしょう。

ほぼ全ての都道府県を訪れていますが、
まだまだ日本は広いです。

ご案内
詳細プロフィールはこちらから。

ご意見・ご質問は以下のいずれかよりお願いいたします。
 Twitter:@tutinoko310
 Facebook:土屋裕行.com
 メール:お問い合わせフォーム

Twitter、Feedly、Facebookにてブログ更新を確認できます。

follow us in feedly
2013-11-05 | Posted in 101. 新潟×朝活Comments Closed