110. 参加イベント

数式に美しさを感じるか

16日土曜日に、前から行きたかった
サイエンスカフェにいがたに参加してきました。

以前に参加した新潟大学キャリcafeで出会った大学院生の方が
その日の発表者だったので、見に行くことにしました。

場所は新潟駅直結のジュンク堂、
地下1階のカフェスペースで定期的に行われているこのイベント。

2007年から続いていて、
毎回難しいテーマをわかりやすく話しているそうで、
カフェという場所もあって気軽に参加することができます。

この日も小学生から高校生、大学生、年配の方まで
幅広い年齢の方が20人ほど来ていました。

サイエンスカフェ

今回の発表者、新潟大学大学院で物理を専攻している小林さんは、
物理学を志した理由、物質を構成する原始やクォーク、
元素の周期表、そして宇宙の話し・・・
盛りだくさんの内容で話してくれました。

実は理学部地質科学科に入学して、
そこから物理学科に転科した経歴を持っていて、
実は自分の後輩であることが判明!

世間は狭いです。。。

話の中で心に残ったのは、物理のテーマについてではなく、
小林さんにとって物理はどのように見えるか、
という括りで話しているときの一言です。

 数式に美しさを感じたことはない

多くの数学者や物理学者は、
自らが導き出した数式を美しいと感じています。

私が好きな科学者のアインシュタインも
「世界はシンプルにできている」という思考の持ち主で、
その結果有名なE=mc^2という特殊相対性理論の関係式を導き出しました。

しかし、小林さんはこれらの数式を見ても、
特に美しいと感じることなく、むしろ複雑で難しいと感じているとのことでした。

一般の方と変わらない感覚です。

その一方で、美しいと感じるものは自然。

四季の移り変わりに美しさを感じたり、
絶景と言われる場所を訪れて美しいなと感じたり。

その自然の美しさを説明するものが物理であると、
小林さんは考えていました。

自分は数式は美しいという思考を持っていたので、
数式を美しくないと考える物理の専門家の小林さんが
とても新鮮に映りました。

数式に美しさを感じるか、それは人それぞれ。

みなさんは数式に美しさを感じるでしょうか?
それとも見たくもないでしょうか?

サイエンスカフェは月1回のペースで開催されているので、
もし興味のある方がいましたら、ぜひ参加してみてください。

ご案内
詳細プロフィールはこちらから。

ご意見・ご質問は以下のいずれかよりお願いいたします。
 Twitter:@tutinoko310
 Facebook:土屋裕行.com
 メール:お問い合わせフォーム

Twitter、Feedly、Facebookにてブログ更新を確認できます。

follow us in feedly
2013-11-19 | Posted in 110. 参加イベントComments Closed