800. 個人思考

複数のコミュニティに属することの大切さ

※1/12(日)に1日先生やります!
 【新潟開催】odu(オーデュ) ~知るを楽しむ!寺子屋エンターテイメント!~

昨日に引き続き、年末年始で感じたことを書いてみます。
今回は家族について。

去年ばあちゃんが亡くなって、
残されたじいちゃんが元気か心配していましたが、
年末に実家に帰ってみると、とても元気で安心しました。

年末年始もいろいろなところへ出かけていって、
相変わらず慌ただしい日々を過ごしているようです。

元気なのは元々体が丈夫ということもありますが、
複数のコミュニティに属しているというのも大きいと思います。

親戚・近所の他に、農業関係、民謡関係、
中学校の総合学習で民謡担当してからは教育関係も。

毎年年賀状は大量に来ていましたし、
年末年始の挨拶でいろいろな人のところ訪れていました。

それが気が滅入らずに過ごせている理由だと思ったのです。

1つのコミュニティ(家族や会社など)にしか属していないと、
その中での人間関係がうまくいっていない場合、
逃げ場がなくなってしまいます。

日々の生活に大きな負荷がかかり、
やがて心と体に大きなダメージを負ってしまうことも考えられます。

その点複数のコミュニティに属していれば、
たとえ1つのコミュニティ内の人間関係がうまくいっていないとしても、
他のコミュニティでカバーすることが可能です。

ストレスの源になっている場所から一旦離れることで、
気分転換となり、気分が和らぐからです。

できれば3つ以上の異なるコミュニティに属することが理想です。

 サードプレイス

じいちゃんはもうすぐ90歳になるのですが、
まだまだ家に閉じこもる雰囲気もなく、
季節に関わらず活発に動いています。

「来年にはこの世におらんかもしれんから」

毎年のようにそう言って、もう20年くらい経っています。
新年もこの言葉を聞くことができました。

だから今年も元気に過ごしてくれそうな気がします。

ご案内
詳細プロフィールはこちらから。

ご意見・ご質問は以下のいずれかよりお願いいたします。
 Twitter:@tutinoko310
 Facebook:土屋裕行.com
 メール:お問い合わせフォーム

Twitter、Feedly、Facebookにてブログ更新を確認できます。

follow us in feedly
2014-01-07 | Posted in 800. 個人思考Comments Closed