106. その他主催イベント

もくもく会をやってみたら予想以上に楽しく捗った

先週金曜の夜、いつも作業している新潟駅南のタリーズにて、
もくもく会を開催してみました。

 もくもく会ポータル

もくもく会とは、カフェや誰かの家とかに集まって、
それぞれ各自もくもくと勉強したり作業したり、
本を読んだりするだけの会のことです。

来た人で話しをしてもいいし、
どこかで作業の成果を発表するということもなく、
とてつもなく自由でゆるいイベントです。

「家で1人でいるとなかなか作業できない」
という人にとっては、
作業を始めるきっかけになるので、
それだけでも意味があるイベントなのではと思います。

タリーズLEXN

そんなもくもく会をやってみようと思ったのは、
その前日の木曜に突然思いついたからでした。

元々は1人で作業しようと思っていたのですが、
週末夜に4時間もずっとカフェにいたら効率が落ちると思い、
何か別の刺激が必要だという考えに至った時、
このもくもく会が頭に浮かびました。

これだったら来た人と話さなくても、
同じ空間にいるだけでも刺激をもらえるし、
誰も来なくても予定通り1人作業だからリスクはゼロ。

だったらやらない手はないなと思い、
TwitterとFacebookで突発的に告知をして当日を迎えました。

迎えた当日、関東地方は大雪が来ると予報されていて、
新潟でも天気が悪くて雪が降り続いていました。

これはちょっと人来ないかと思い、
最初の2時間はひたすら自分の作業をしていました。

すると2時間が経過した頃、なんと雪の中1人参加してくれました。

しかも参加した理由が「土屋と話してみたかった」という理由!!
(朝活で何度か会ってしましたが、1対1で話したことはなかった)

ものすごく嬉しくなって、手がけていた作業は中断し、
その方といろいろと話しをしました。

主に仕事のことで、今どんなことをやってるとか、
どんな悩みがあるとか、これからどんやことやるかとか、
大人数だったら絶対話さないようなことが話せました。

こうやって自分を頼りにして来てくれて、
その人のことを考えて会話ができるというのは
とても嬉しいことですし、単純にすごく楽しいです。

自分の知らない世界を経験してきて、
自分が想像もつかなかった考えを聞くことができるので。

1時間くらいずっと2人で話しを続けていました。

そうするうちに続々と人が集まってきて、
のべ6人の方に来ていただきました。

自分と話す人もいれば、勉強する人もいて、
自由なんだけど孤独じゃない空間になっていました。

最後の方はワイワイとみんなで他愛もない会話をして、
閉店時間まで話し続けました。

思いつきでやったもくもく会ですが、
いつもの孤独な作業より捗ったように感じました。

「誰か来るかもしれない」という気持ちが、
適度な緊張感を生んだのでは、と思っています。

また、普段なかなか会えない人と会えたり、
ゆっくり話せなかった人とじっくり話せたり、
交流という点でも予想以上でした。

総合的に自分が当初イメージしていたもくもく会より、
ずっと楽しい時間となりました。

あまり定期的に開催してしまうと面白さがなくなるので、
また今回のように突発的に呼びかけようと考えています。

誰が来るかわからないという状態の方が、
来てくれた時の嬉しさや驚きが大きく、
楽しくなるのではと思っているからです。

自分の都合に合わせて勝手に呼びかけますので、
時間が空いてるけど何かしたいという方は、
ぜひ参加してみてください。

ご案内
詳細プロフィールはこちらから。

ご意見・ご質問は以下のいずれかよりお願いいたします。
 Twitter:@tutinoko310
 Facebook:土屋裕行.com
 メール:お問い合わせフォーム

Twitter、Feedly、Facebookにてブログ更新を確認できます。

follow us in feedly
2014-02-17 | Posted in 106. その他主催イベントComments Closed