800. 個人思考

コミュニケーションの基礎は聞くこと

先週土曜は、保育園に子どもを迎えに行ったら、
子どもが「帰りたくない」と言うので、
しばらく他の子どもたちと一緒に遊んできました。

同じクラスに20人いるそうなのですが、
ようやく10人の顔と名前が一致して友達になれました。

おままごとしてご飯をもらったり、
友達の写真を見せてくれたり、
じゃんけんしたり、
好きな食べ物の話しをしたり、
保育士さんの気分になった30分でした。

この日は朝活からの保育園だったのですが、
人間のベースは大人も子どもも変わらないと感じました。

「自分の話しを聞いてほしい」とか
「楽しいことをやっていたい」とか、
本当に心から求めてるものは、
いくつになっても変わらないんだなと。

何かの本かマンガで、
「子どもは思ったより大人で、大人は思ったより子ども」
という言葉があったんですけど、
思ってるほど差はないんだなと感じた一幕でした。

そしてもう1つ感じたことは、
「コミュニケーションの基礎は聞く」
ということです。

年齢に関わらず、大人も子どもも同じ。

相手と仲良くなるためには、
自分のことをどんどん話すというより、
相手に話してもらう、聞く姿勢が大事。

朝活でもそうだったし、保育園でもそうだったのですが、
まず相手の話を聞くというところから、
コミュニケーションがスタートしていたと思いました。

自分は話すよりも聞く方が好きで得意なので、
この姿勢はこれからも続けていきたいです。

そして、早くクラス全員とお友達になりたいです。
小学1年生レベルの目標。。。

ご案内
詳細プロフィールはこちらから。

ご意見・ご質問は以下のいずれかよりお願いいたします。
 Twitter:@tutinoko310
 Facebook:土屋裕行.com
 メール:お問い合わせフォーム

Twitter、Feedly、Facebookにてブログ更新を確認できます。

follow us in feedly
2014-03-17 | Posted in 800. 個人思考Comments Closed