203. 関わり方

出会いは副産物として生まれる

こんばんは。土屋 (@tutinoko310)です。

最近通勤中に聴いているラジオから、
「潟コン」についての告知が流れてきました。

潟コンとは、いわゆる街コンのことで、
「出会いとグルメを楽しみ、地域活性化を目的としている」
と公式ページで紹介されています。

一般的な大人数の飲み会から、
少人数、未婚限定、平日開催、スキー場開催、
など様々なパターンがあるそうです。

ラジオで紹介されていたのはスキー場開催の潟コンで、
男女100人ずつ、200人を募集していました。

今回のスキー場開催の潟コンに限らずですが、
いわゆる「出会い」を売りにしたイベントを見ると、
ちょっとどうなんだろう、と思ってしまいます。

おそらく参加したらそれなりに楽しめると思うのですが、
どうしても行きたい!と思うほどではありません。

その理由は何だろうと考えていたら、
まさに自分のモヤモヤをすっきりさせてくれる記事がありました。

 ゲストハウスは出会い系じゃない!結果的に「出会い」があるわけで、出会いを求めてゲストハウスに泊まるのはナンセンスである

もうこのタイトルが全てを言い表しています。

「出会い」というのは、それ自体を求めるものではなくて、
別の何かを求めている過程で生まれるもの。

出会うためにだけに集まったとしても、
いい出会いというのは少ないと思っています。

自分と同じ志を持つ人と出会いたい、
自分と気の合う人と出会いたい、
そんな思いを持つのは人としてありふれた感情です。

その思いをより現実に近づけるためには、
「出会い」という甘い言葉に引き寄せられるだけでなく、
自分のやりたいこと、面白そうと思ったことをやること。

そうやっていくことで、本当に出会いたい人と出会えると思います。

出会いは副産物として生まれる

自分が求めている方向に、きっと出会うべき人がいる。

ご案内
詳細プロフィールはこちらから。

ご意見・ご質問は以下のいずれかよりお願いいたします。
 Twitter:@tutinoko310
 Facebook:土屋裕行.com
 メール:お問い合わせフォーム

Twitter、Feedly、Facebookにてブログ更新を確認できます。

follow us in feedly
2015-02-18 | Posted in 203. 関わり方Comments Closed