200. 生き方

やりたいことを遠い未来に回さない

こんばんは。土屋 (@tutinoko310)です。

昨日書いた夫婦の働き方についての記事、多くの方に見ていただけました。

 1人より誰かと一緒に生きると人生の自由度が高まる

誰かが決めた模範的な働き方ではなく、
新卒の時と同じ働き方ではなく、
環境や自分の気持ちの変化に合わせて働き方も変えようとしています。

まだ話し合いと調整が必要ですが、
最終的にはやってみないとわからないので、
勢いで踏み出すことになりそうです。

今回働き方についていろいろと考える中で思ったのは、
「やりたいことを遠い未来に回さない」ということです。

「子育てが落ち着いたら」
「仕事でたくさん稼いだら」
「定年退職したら」

まだ訪れることのない遠い未来にやりたいことを遠ざけて、
今はやりたくないことを我慢して耐えるような生き方は
自分はしたくないと改めて思ったのです。

ここで思い出したのは、人生の時間軸を横に倒せという話。

ビジネスコンサルタントの大石哲之氏(@tyk97)が提唱した考えです。

効率よく働いて稼いで引退してから余生を謳歌したり、
または企業に定年まで勤めて退職後にやりたかったことをやるというのは、
突然のアクシデントによって簡単に破綻してしまう。

だから、自分が過ごしたい第二の人生を今の時間に組み込んでしまう。
人生でやることの順番をなくしてしまう。
そうすればもっとやりたいことを楽しめる。

これが「時間軸を横に倒す」という考えです。

この考えは今の時代にすごく合った考えだと思っています。

数年先はどうなっているか予想もつかない変化の激しい時代、
やりたいことを後回しにしても、いざその時期が来た時に環境が大きく変わっていて、
やりたいことができなくなっているかもしれません。

だからこそ、やりたいことを遠い未来に回さず、
今、または近い未来にできないか考えて組み込んでみる。

そうすることで人生はより輝きを増すのだと思います。

自分の場合はこの数年は仕事の時間を削って育児に充ててきました。
人生で初めてのことだったし、やってみたいことだったから。

そしてこれからはもう少し仕事にシフトした人生に切り替えたい。

やりたいことを先延ばしせず、今に組み込んでいけないか、
試行錯誤する日々です。それが結構楽しくもあります。

やりたいことを先延ばしするという言葉に心当たりがある方は、
ぜひ先ではなく、今できないか考えてみてください。

人生は突然終わることもあるのだから、やりたいことをやりたい時に。

では、明日も良い1日になりますように。

ご案内
詳細プロフィールはこちらから。

ご意見・ご質問は以下のいずれかよりお願いいたします。
 Twitter:@tutinoko310
 Facebook:土屋裕行.com
 メール:お問い合わせフォーム

Twitter、Feedly、Facebookにてブログ更新を確認できます。

follow us in feedly
2015-06-03 | Posted in 200. 生き方Comments Closed