302. コミュニティ運営

役割の曖昧な場所が求められている

こんばんは。土屋 (@tutinoko310)です。

昨日はTwitterでよく絡んでいる方々と一緒にご飯を食べてきました。

半年に1回くらいしか会わないのですが、
会う度にお互いいろんな変化が起きているので、
話していてとても楽しいです。

日頃の様子はTwitterでよく見ているので、
会った時にはTwitterの発言について詳しく聞いてみます。

我々はTwitterのおかげで成り立ってるなとつくづく思います。
(ちなみに今回のご飯の予定も全てTwitterでやり取り)

2時間くらいいろいろ話して、気になる話題がいくつも出てきました。

その中で一番気になったのは「自由に遊べる場所が欲しいよね」という話。

決してきれいじゃなくておしゃれじゃなくてもいい、
仕事したり、本を読んだり、ゲームしたり、ボーっとしたり、
それぞれ思い思いのことができる場所。

特に目的がなくてもふらっと訪れたくなるような場所

時々読書会とかゲーム大会とかイベントを開催し、
そこへ行けば何か楽しいことがあるんじゃないか、
誰か新しい人と出会えるんじゃないか、と期待させてくれる場所。

そんな場所がほしいよねという話に3人とも賛同しました。

イベント主催を続けていると、自由に使える空間というは本当に少ないことを実感します。

都市部ならば数多くのレンタルスペースがあるのですが、
残念ながら自分の知る範囲では希望の場所はありません。

きっちり時間が決められていたり、
明確な目的が必要だったり、
堅苦しい雰囲気だったり、
気軽に利用できる場所はほとんどありません。

もしこれらの問題点をカバーするような拠点となる場所があれば、
もっといろんなことができるのに、と常々思っています。

言うなれば「役割の曖昧な場所」。

何をしてもいいし、何もしなくてもいい。
ただ、そこに行けば何か新しいことが起こるんじゃないかと期待でき、
そこに行けば居心地がよく安心できるような場所。

そんな場所が欲しいです。

さて、突然のお誘いで開催された今回のご飯会。

帰り際には「次回はゲストを呼んで話したいよね」という話になりました。

まあ半分ノリで言ったところはありますが、
今回のメンバーが話すとサラッと実現してしまいそうでもあります。

次はいつ集まるのか、そしてゲスト登場なるか、
また楽しいことが増えました。

では、明日も良い1日になりますように。

ご案内
詳細プロフィールはこちらから。

ご意見・ご質問は以下のいずれかよりお願いいたします。
 Twitter:@tutinoko310
 Facebook:土屋裕行.com
 メール:お問い合わせフォーム

Twitter、Feedly、Facebookにてブログ更新を確認できます。

follow us in feedly
2015-07-10 | Posted in 302. コミュニティ運営Comments Closed