201. 働き方

人間関係はストックよりフローが重要

こんばんは。土屋 (@tutinoko310)です。

この週末はこれからの仕事について語り合うイベントのために、
ちきりんさんの「未来の働き方を考えよう」を読んでいました。

発売当初に買って以来、約2年ぶりに読んでみたのですが、
前回と違う点が気になり、改めて働き方について考えるきっかけとなりました。

今回気になった世界を変える革命的変化の1つ、
「ストックからフロー」ついて、紹介しつつ自分の考えを付け加えたいと思います。

ちきりんさんが話す「ストックからフロー」が示しているのは、
資産(≒貯金)や人間関係を貯めておく「ストック」より、
その時々に生み出していくフローが重要になる、
ということです。

人生が長期化すると、過去に築かれた人間関係は疎遠になっていくので、
例えば、同じ会社に勤めていた人や家族であっても、
交流する機会は少しずつ減っていきます。

だからこそ、近所の人たちや同じ趣味を持つ人と交流するように、
その時々で新たな人間関係を築いていく力が必要になると、
著書の中に書かれています。

この「ストックからフロー」という変化が示すものは、
「先行逃げ切りが難しい」ということです。

どんなに一時の成功で大金を得て、豊富な人脈を手に入れたとしても、
何もせずに放置していては、たちまち資産を失ってしまう。

だからこそ、その都度自分にとってベストだと思える選択をして、
長く動き続けることが必要になってくると思われます。

仕事は定年までじゃなくて死ぬまでずっと、
人間関係も固定化された関係じゃなくて生活環境に応じて変わる、
そんな未来が近づいています。

近年はこれからの働き方に大きな注目が集まっていますが、
それよりもこれからの人間関係の方が大きく変化すると思います。

ネットを通して見知らぬ個人同士が簡単につながれ、
住む場所を選ばず仕事ができる環境が整い、
固定化されていたものが少しずつ流動的になっている今。

家族・同僚・学生時代の友人とずっと付き合うという関係から、
その時の環境に合わせて付き合う人たちが変わっていく、
という時代になると思います。

物理的な距離が離れてしまっても、
ネットに接続さえしていれば、
世界のどこにいても連絡を取り合うことができる。

だから、関係が希薄になってしまっても、
また環境が変われば濃いつながりになる。

それは自分にとっては望むべき未来です。

と、ここまで書きましたが、
まだ自分の中で考えがまとまりきれていません。

今日のイベントの中で、人間関係の変化も話したいと思っているので、
その結果も踏まえて考え続けていけたらと思います。

イベントの内容は後日まとめてブログにアップします!

では、明日も良い1日になりますように。

ご案内
詳細プロフィールはこちらから。

ご意見・ご質問は以下のいずれかよりお願いいたします。
 Twitter:@tutinoko310
 Facebook:土屋裕行.com
 メール:お問い合わせフォーム

Twitter、Feedly、Facebookにてブログ更新を確認できます。

follow us in feedly
2015-11-02 | Posted in 201. 働き方Comments Closed