800. 個人思考

やりたいことを口にすることから始まる

こんばんは。土屋 (@tutinoko310)です。

新潟県佐渡島の他にもう1つある離島の粟島、
その島に移住した友人の青柳花子さんが
長年の夢であったゲストハウスを立ち上げました。

 粟島ゲストハウス おむすびのいえ

人口は300人余り、1周約23kmと小さな島、
今までは宿泊場所が民宿しかなく、
気軽に泊まれる場所がありませんでした。

そこで全国的にブームとなっているゲストハウスが出来ることで、
新たな人が訪れるきっかけになるのでは、と思っています。

実は以前花子さんにはインタビューしたことがあり、
その時の様子をこのブログに載せています。

 インタビュー 青柳花子さん

そのインタビューの終盤、
これからやりたいことを聞いた時、
迷わず「ゲストハウスをやりたい」と話してくれました。

もっと粟島の魅力を知ってもらい、
島の人、外の人が自由に交流できる場を作りたい、
とのことでした。

インタビューをしたのは2年前。

わずか2年でこの時語ってくれた夢を実現させるなんて
驚きのスピードと行動力です。

彼女がこれほど早く大きな夢を実現できた要因は、
やりたいことを口に出していたことだと思います。

一見実現不可能に見える夢を
臆することなく周囲の人に伝えることで、
周りの人は彼女が求めているものを知ることができました。

そのうちに「協力できることがあれば力になる」
という人が現れた。

たった1人の妄想がプロジェクトになった。

そうして次々と多くの人を巻き込んでいくプロジェクトになり、
クラウドファンディングを利用して資金を集めることにも成功し、
ついに夢を実現したわけです。

 移住女子と島民の挑戦!新潟県の小さな離島粟島にゲストハウスを(青柳花子) – READYFOR (レディーフォー)

また、夢を口にすることで、
最初はおぼろげだった夢の輪郭が徐々に明らかになり、
やがて明確な目標へと変わっていきます。

言語化するというのは、ぼんやりした抽象的なものを、
具体的に明確にしていく作業のこと。

つまり、夢を口にすることは、
その過程で実現可能な筋道を考えていることになります。

言葉にすることは周囲の人のためだけでなく、
自分のためでもあるのです。

もし彼女がやりたいことを常々口にしていなかったら、
完成はもっと遅くなっていたか、
もしくは実現していなかったかもしれません。

それくらやりたいことを口にするのは重要なこと。

もちろん、その後の彼女の努力があったことは言うまでもありませんが、
当初から夢を語り続けたからこそ、この結果になったのだと思います。

達成できるかわからない夢や目標を言葉にするのは
怖いことでもあり、恥ずかしさがつきまとうことでもあります。

それでも、その怖さや恥ずかしさを乗り越えないと始まらない。

もしその壁を乗り越えることができれば、
きっと賛同し、応援してくれる人が現れるはずです。

別に全世界に向けて宣言しなくても、
家族や友人、もう少し遠い知り合いなど、
話しやすい人から話してみるのもいいかもしれません。

きっとそれが新しいスタートになる。

そんなことを考えた花子さんのゲストハウスのニュースでした。

では、良い週末をお過ごしください。 

ご案内
詳細プロフィールはこちらから。

ご意見・ご質問は以下のいずれかよりお願いいたします。
 Twitter:@tutinoko310
 Facebook:土屋裕行.com
 メール:お問い合わせフォーム

Twitter、Feedly、Facebookにてブログ更新を確認できます。

follow us in feedly
2016-09-09 | Posted in 800. 個人思考Comments Closed