200. 生き方

地方の良いところは死ににくいところ

こんばんは。土屋 (@tutinoko310)です。

IMG 7067

今週末は実家にある佐渡に帰省していました。

農作業の手伝いをしていたのですが、
この日は写真のような快晴、
季節外れの暑さと戦いながらの作業となりました。

実家に帰るとよく思うのは、
地方に住んでいると死ににくい
ということです。

生きていくためには衣・食・住が必要になりますが、
このうち食と住は圧倒的に地方の方が手に入りやすいです。

食については農業、漁業、畜産業などの一次産業が
地域の基幹産業となっていることが多く、
良い食材を安く買うことができます。

実家に帰った時にはほぼ必ず刺身を食べていますが、
数時間前に水揚げされたばかりの新鮮な魚が
都市部の半額以下で手に入ります。

また、米や野菜を作っている家も多く、
土地が余り気味なので自分で作って
自給自足に近い生活を送ることも可能です。

さらに、ご近所の方々と打ち解けた関係を築くことができると、
いろいろと差し入れを頂くこともあります。

外食しないので食費をかなり抑えることができ、
食べるだけならそれほど困らないのが地方の魅力です。

もう1つの住について。

地方では過疎化・高齢化がどんどん進んでいて、
誰も住まなくなった家が増え続けています。

実家の周辺でも、人がいなくなった家が増えていて、
高齢者だけで暮している家も多いことから、
今後さらに増えると思われます。

こうした空屋の増加を受けて、
自治体主導の空屋バンクで空家を紹介している地域もあります。

 参考:佐渡島の空き家(賃貸・売買)情報[新潟県 佐渡島 移住・定住 支援情報](新潟県佐渡市)

ここに掲載されている以外にも、
人の紹介によってさらに安く、立地の良い家を手に入れることも可能です。

最もお金がかかる住まいも、
あまりお金をかけずに得ることができる、
これもまた地方の魅力です。

これらを強引にまとめると、
地方では食と住が手に入りやすいから死ににくい
となります。

「死ににくい」というのは生きる上で重要な要素で、
死なないと実感すると、無理して嫌なことをする必要がなくなるので、
心身ともに健康になっていきます。

心身ともに健康になれば、心の余裕が生まれ、
周りの環境や未来の自分について目を向けることができ、
より理想の未来へ近づくことができます。
 参考:地方の様々なスキマが心の余裕を生み出す

前提としては、リアルコミュニケーションを苦にしない、
というスキルが求められることです。

あまりお金を使わないとしたら、
食も住も自分1人でまかなうことは難しいです。

近所の方と仲良くして地域行事に参加したり、
興味ある場所、イベント、コミュニティに参加する、
といった行動が必要になります。

そうやって地域の人間関係を築くことで、
より死ににくい環境を作ることができます。

仙人のように人との交わりを絶って生きるためには、
相当のお金持ちか、完全に悟りを開いて仏になるか、
というくらい難しいことだと思います。

先日Talkin’Aboutで地方について話した時に
地方は死ににくいという意見が出たので、
今回の実家帰省と絡めて書いてみました。

人生頑張りすぎて疲れた人には
ぜひ喧騒から離れた地方でしばらく生きて欲しいです。

人を受け入れる土壌はまだ残っているはずだから。

ご案内
詳細プロフィールはこちらから。

ご意見・ご質問は以下のいずれかよりお願いいたします。
 Twitter:@tutinoko310
 Facebook:土屋裕行.com
 メール:お問い合わせフォーム

Twitter、Feedly、Facebookにてブログ更新を確認できます。

follow us in feedly
2016-10-03 | Posted in 200. 生き方Comments Closed